ども。タキシードマンです。Ep0~2は前置きとなってしまいましたが、ここから私自身の曲を含めて一緒に悩み、そして曲を作っていく実践編となります。読者の作曲ライフをインスパイアできれば光栄です。



1 コードスケール

前回のエピソードでもお話ししましたが、コード進行の流れを作ることにおいての基礎はコードスケールの把握になります。すごく細かく説明するとまた違う記事を書かないといけないので、端的にまとめさせていただきますが、要はスケールとは音階のことで、そこの音階に含まれる音を使ったコードはとても美しく聞こえます。スケールには主に2種類あり、明るく聞こえる音階をメジャースケール(長調)、暗く聞こえるものをマイナースケール(短調)といいます。他にもチャーチモードなどたくさんありますが、現代の曲は(8割くらい)この2つのスケールで成り立っています。

2 コードを付けてみる

そのスケールがどんな音なのかをすべて把握するのは初心者の方には多少面倒なので、私も使用しているちょっとしたセコ技から始めてみてください。

  1. 一番最初に弾く(好きな)コードを決める(CとかD、Emなど何でもよし)
  2. スケールを一覧でまとめてくれているサイトを開き、最初に決めたコードのスケール(CならばCメジャースケール、EmならEマイナースケール) 
  3. それらを参考にしてその音階に含まれている音を使っているコードを見つける(1音くらい外れていてもよし)

これです。ちなみに、私が普段よく参照しているスケール表示サイトはAki’s factory というサイトです。

 → https://www.aki-f.com/scale/ (A-ki’s factory)

これは、ギターに特化したものなのですが、そのほかにも、対応しているコードを教えてくれるミュジオリー音楽理論というサイトもあります。好きなほうを活用してください。

→  http://music.cyberlab.info/diatonicChord/ (ミュジオリー音楽理論)

ちなみに、私はDコードの響きが大好きです。なので、Dメジャースケールで作ってみたいと思います。A-ki’s factoryでそのスケールに対応している音を探してみると、

でたでた。上から、D,E,F#,G,A,B,C#ですね。これらの音を使うときれいなコード進行になります。もちろん、これらの中に含まれていないコードを使うのもありですが、ルート音はこれらの音のどれかを使用しましょう。そしてこれらの音の中から4つ選んでください。(もちろん同じ音を何度使ってもよい)違うスケールで挑戦したい方でもやり方は全く同じです。

3 コードを構築する

4つ選べたでしょうか。ではここで便利なお役立ち情報をお伝えします。それは、何のコードがこのスケールの中に納まるのかというものです。例えば、メジャースケールなら、

I, IIm、IIIm, IV, V, VIm,VIIm(b5)

です。難しいと思ったあなた。大丈夫です。超簡単です。I~VIIの数字はそれぞれ音の名前です。Iはスケールの一番最初の音で、IIはその次の音になります。なので、私が今挑戦しようとしているDメジャースケールだと、

D, Em, F#m, G, A, Bm, C#m(b5)

ということです。つまり、これらのコードはスケールの中に納まっているコードたちということです。

マイナースケールの場合は、

Im, IIm(b5), III, IVm, Vm, VI, VII

です。もしもDマイナースケールなどを作りたい場合は、

Dm, Em(b5), F, Gm, Am, A#, C

となります。簡単でしょう!?

では、これらの知識と選んだ音を使ってコード進行を組み立てていきます。ポイントとして、自分の気持ちいいと思うコード進行を試してみてください。上記でお伝えしたコードはあくまで基礎的なコードで、ルート音さえスケールの中のものを使えば、その他はスケールに入っていなくても構いません。ここに、あなたの音楽的感性が必要になってきます。

私が選んだコード進行は、

D→Bm6→F#m→Bm

にしました。D,F#m,Bmはスケール通りにつけました。Bm6というコードはあまり聞きなじみがないと思いますが、Bmに6度の音(Bマイナースケールでいうm6であるGより半音高いG#)をたしたものです。



ギターでいうと上のポジションです。(A-ki’s factoryからお借りしました。)構成音はBm,D,F#,Bmなので上手くかみ合ってますね。

音はこんな感じです。どうですか?哀愁ある感じで悪くないんじゃないですか?起承転結で言うと転みたいな雰囲気もあるのでもしかしたら最後の方にもってくるかも。

4 演奏方法を決める

これは曲の雰囲気に大きくかかわってきます。例えば、ギターの場合、8分で弾くのか、16分カッティングでリズミカルに弾くのか、はたまたアルペジオで哀愁漂う感じにするのか、バラエティは無限大です。また、曲のテンポも決めておきましょう。早くするのか、遅くするのか、自分の好みの曲にカスタマイズしてください。 私はどうしようか迷いましたが、アルペジオと一緒弾き(ストラミング)を組み合わせた感じにしてみましょうかね。

5 ローコードを避ける

これはギター弾語り専用の話になるので、ピアノなど方はとばしてください。もし、あなたがギターを弾くときに、ローコードポジションが単調すぎてつまらないと感じるのならば、良いサイトがあります。 海外のサイトでScalesChordsという名前なのですが、ここリンクでとんでもらった後に表示されるバーに好きなコードを打ち込むといくつかのパターンでその弾き方を提示してくれます。また、ポジションから何のコードか逆算してくれる機能もついています。使ってみてください。

6 アクセントをつける

自分のコードが気に入ったならこのパートはスキップしてくれていただいても構いません。私のコードそして弾き方の場合、少し物足りないと感じたのでコードに少しアクセントをつけます。 (D→Dsus4)→Bm6→(F#→F#m)→Bm D→Dsus4はあるあるの流れで、少し物憂げな雰囲気を作ります。F#は構成音がF#,A#,C#でひとつ音が外れる(A#)のですが、アクセントとしては面白いと思います。

どうですか。思い切って8小節分+α分弾いてみました。今のところやっぱりこれをイントロにしようかなと思います。Dsus4はやっぱりいい味出しますね。最後のハーモニクスはかっこつけすぎました。すみません。

7 残りの仕上げ

では、残りのコード進行を決めてしまいましょう。同じコード進行を使ってもいいですし、少し変えてもいいですし、違うコードでスタートしても構いません。きれいなコードの流れを作りましょう。また、応用として転調という手もあります。これは言わばスケールの変更です。これについてはいずれお話しします。

8 まとめ

いかがだったでしょうか。まとめると、

    1. 最初のコードを決める

 

  • スケール表を確認する

 

 

  • それに沿って残りのコードを決める

 

 

  • 弾き方を決める

 

 

  • 少しコードを足してみる

 

 

  • 残りの小節のコード進行を考える

 

 

です。音楽は芸術のなかでも、個人的にはかなり機械的で、数学のようなものだとおもっています。コツさえつかめばだいぶ簡単になり、思いつきやすくなるので、とりあえずたくさん曲を作ってみてください。次は歌詞編になります。この作ったコード進行を引き続き使うのでよろしくお願いいたします。ではまた。

関連記事はこちら♪

陽キャ>陰キャという固定概念はもう終わりにしてほしい。

陽キャ>陰キャという固定概念はもう終わりにしてほしい。

「陰キャと陽キャ」 この2つの言葉は現代の学生が使いだしたその人の性格を指す言葉です。 今を生きる20代や10代の方ならだれでも知っている言葉であり、学生時代誰でも一度は自分がどちらに該当するのか考えたことがあるのではないでしょうか。 知らない人のために説明すると、陰キャとは「陰キャラ」の略称で、俗に暗い人を指します。重度のオタクの方や人見知りで目立たない人に対して使うことが多いです。 それに対して陽キャは「陽キャラ」の略であり、学校でも目立つような人の事を言います。...

【書くのはNG】超効率的な英単語の覚え方!このポイントをつかめば1週間に100個はらくらく覚えられます。

【書くのはNG】超効率的な英単語の覚え方!このポイントをつかめば1週間に100個はらくらく覚えられます。

学校の授業で多くの生徒が苦手とする教科英語。 そんな英語の苦手意識を植え付けている要素の1つが英単語の暗記です。 まず、1つ目にめんどくさい。 2つ目にすぐに忘れてしまう。 結果モチベーションが上がらない。 このサイクルが影響して英単語の暗記を苦手としている人がとても多いのです。 しかも、社会の単語や国語の感じとは違い、日本語ではない言語を覚えるというのがストレスを増大させる原因にもなっています。 しかし、今や英語は現代の日本で一番重視されている教科の一つ。避けては通れません。...

鼻毛が伸びるの早いので早急に対策しなければならないと思いました。

鼻毛が伸びるの早いので早急に対策しなければならないと思いました。

どうも。タキシードマンです。 私ただ今現役大学生、短い人生のなかで悩むことがたくさんありました。 友人関係、恋愛などなど... 数えればきりがありません。 しかし私が現在、もっとも悩んでいることがあります。 それが... 鼻毛の伸びるスピードが尋常じゃない。 ... しょーもなって思ったでしょう!!!!!!!!!!!違うんですよ!!本当に深刻な問題なんです個人としては!! 今そこで笑った君!!実は同じ悩みを抱えてるんじゃないの!!...

【英語】リスニングに最適なおすすめPodcastトップ5!飽きずに聴けるものを厳選しました。

【英語】リスニングに最適なおすすめPodcastトップ5!飽きずに聴けるものを厳選しました。

どうも。タキシードマンです。 みなさんは英語のリスニングを鍛えたいときにどんな方法をとっていますか? もし、そんな質問をされたら、私はいつでもPodcastを強くオススメしています。 【初心者~上級者】日常で英語のリスニングを鍛える方法5選!という前の記事でも紹介しましたが、このPodcastは無料で、かつIphoneさえあれば誰でもすぐに聴けるという日常で英語を鍛えるにはうってつけの方法です。 → http://daigakuseino.com/265 (【初心者~上級者】日常で英語のリスニングを鍛える方法5選!) しかし、...

【厳選】心がジーンとして泣ける人気おすすめ洋楽トップ10!~自然と涙が零れてきます~

【厳選】心がジーンとして泣ける人気おすすめ洋楽トップ10!~自然と涙が零れてきます~

あなたはどんな時に音楽を聴きますか。 楽しい時、つらい時、悲しい時、嬉しい時... 様々な感情があなたの中に生まれた時、あなたは自然と音楽が聴きたくなります。 特に、つらいや悲しい体験、出来事があった時に、ふとイヤホンを耳につけて感傷に浸りたくなる時が人間だれしも人生で一度はあるでしょう。 そんな時には、人間は元気に励ます曲よりも、心をそっと支えて感動できる曲が聴きたくなるのです。 今回はそんなときに聴きたくなる洋楽をランキング形式で紹介したいと思います。 あなたのつらい気持ちをそっと和らげてくれることでしょう。...