どうも。タキシードマンです。今回はEp4になります。今回はお金についての話です。みなさんが海外進学を目指す際に最もネックになってくる要素の1つがこの金銭面での問題です。

事実、アメリカの大学はアメリカに住んでいる生徒よりもそのほかの地域に住んでいる私たちにより高い授業料を要求します。

それはアメリカの立場から考えれば普通の事で、自国の人間が最優先で教育を学んでほしいですからね。私たちのような国際人の対応はそのあとになるというわけです。

なので、お金を持っている場合は別ですが、私たちはより多くの奨学金を国か学校からいただいて進学しなければならないのです。

過去の記事はコチラから

1 基本的な学費の額

まず、アメリカの基本的な学費の額についてしっかりと把握しなければなりません。

さきほど私はものすごく高いという話をしましたが、具体的な額は、もちろん大学によってまちまちですが、年間平均400万~500万円と考えておきましょう。

そこにさらにに住む場合はプラス100万円くらいという風になるので、シャレになりません。

学費はレベルが高い大学であればあるほど額が大きいです。中には年間800万円くらいする大学もあります。(ぼったくりちゃうん)まあ、レベルが高い学校であればあるほど設備が充実しているということでそれぐらいの学費になっているのでしょう。

アメリカの大学は入学するのが簡単という日本人の一般的な見解がありますが、そこにプラス学費がバカにならないという事実があるので、海外の大学に行く人=ボンボンという認識をされても一概に否定はできないのです。

ここまで聞くと、海外進学に興味がある人の意欲をそいでしまうかもしれませんが、当の筆者はというと、全く金持ちではありません。

こう言っては親に失礼かもしれませんが、普通の関西の一般的な家庭に生まれ育った田舎ボーイです。

そんな人にとっても行ける可能性がある。それが奨学金なのです。

2 メリットベースド(Merit Based)とニードベースド(Need Based)

奨学金には主に2種類あります。メリットベースドと呼ばれるものとニードベースドと呼べれるものです。

メリットベースドの奨学金は、例えば一定の成績を収めたものや、高い技術(スポーツや芸術など)を持っている者に与えられる給付型の奨学金です。つまり、返さなくていいヤツです。

アメリカに住んでいる以内に関わらず、ほとんどの学生はこの奨学金をある程度取得してから入学します。

海外大学のウェブサイトを見ると、学生の約80%が奨学金を受給しているとか書いてあるページがあると思いますが、それらはこのメリットベースドの奨学金に該当します。

これで学生を大学が勧誘して入学まで導くのです。

次にニードベースドの奨学金です。こちらはおそらくお世話になることはないとおもいます。この奨学金は、成績は良いけど、家が金銭的によくないという学生に送られる奨学金です。

基本的に海外に行くような学生は金銭的に余裕がないとみなされないので、日本人がこれをもらうことは滅多にありません。

名前だけ憶えておきましょう。

・・・ちなみに、奨学金は英語でスカラーシップ(Scholarship)といいます。海外のウェブサイトを見ると必ず出てくる単語なので必ず覚えましょう。

2 奨学金の受給額について

奨学金がどれぐらい稼げるかはあなたの技量に委ねられます。また、学校によって奨学金の数が変わるので、具体的にあなたがどれぐらいの奨学金を受給できるかはお伝えすることができません。

ただ、どの学校にも、メリットベースドの奨学金で、フレッシュマンスカラーシップというのが存在します。

これは、一定のGPA(成績)を高校でおさめた生徒に送られる一番一般的な奨学金です。額は年8000$~20000$ほど。大学によって異なります。

まあ、トータルの授業料からすればすずめの涙程度ですが、ないよりは全然ましです。感謝していただきましょう。

(↑)前のエピソードでも書いたかもしれませんが、こんなやつです。この大学の場合、年に8000$受給してくれるとのこと。この知らせは、だいたい合格を知った2週間後ぐらいにメールを通じて届きます。(これも大学によってまちまち)

もちろんその他にもたくさんあります。それは自分の志望する大学のウェブにかかれているので、そちらを参照してください。

3 日本の奨学金

もう1つ、奨学金を手に入れることができる手段があります。それが日本の奨学金です。

日本の政府が主催していたり、民間の企業が主催していたりこれにも様々な種類がありますが、そこでも奨学金を手に入れることができます。

ただ、これらの奨学金は、競争率が非常に高く、ボーダーラインがハイレベルなものばかりなので、相当頭がよくないと挑戦できないものがほとんどです。

その中で、比較的レベルが低く挑戦しやすいのがJassoが行っている海外留学支援制度です。

これは、給付型の奨学金制度で、日本の政府がより多くの留学生を輩出する目的で作られたものです。

応募条件は2019年時点でtoefl80か、それレベルの英語資格、+エッセイです。

競争率も2018年の時点で3倍程度と他に比べたら悪くないと思います。(私は落ちてしまったのですが。トホホ。。。)

もらえる額も学費全額負担+いくらかだったと思うので、合格すれば超ラッキ―です。

ただ、私のように、必ず受かるわけではないので、興味がある方は一度調べてみてください。

https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_a/scholarship/gakubu/index.html (海外留学支援制度(学部学位取得型))

また、これは海外奨学金制度ではないのですが、NCNという高校生からアメリカの大学を目指すプログラムを実施している機関があるのですが、そのプログラムに参加すれば、行ける大学は限られるものの、アメリカの大学に行く際にいくらかの奨学金をその機構からいただけるらしいです。

私がその説明会に行ったときは、年間150万~200万$と言っていたと思います。

もし、あなたがまだ高校在学中で、海外進学を目指してみたいという人は、そちらのプログラムに参加するという手もあると思います。

一応リンクを張っておきます。

https://www.ncn.ac/ (NCN米国大学機構)

4 まとめ

いかがだったでしょうか。もちろん、私が説明したのが全てではありません。あなたが住んでいる地域にも奨学金制度を実施しているところもあるかもしれませんし、何度も言うように大学によって変わってきます。

もしも、本当に海外大学に進学したいなら、それらの情報収集は怠らず、暇があれば探してみましょう。それではまた次回。

関連記事はこちら♪

陽キャ>陰キャという固定概念はもう終わりにしてほしい。

陽キャ>陰キャという固定概念はもう終わりにしてほしい。

「陰キャと陽キャ」 この2つの言葉は現代の学生が使いだしたその人の性格を指す言葉です。 今を生きる20代や10代の方ならだれでも知っている言葉であり、学生時代誰でも一度は自分がどちらに該当するのか考えたことがあるのではないでしょうか。 知らない人のために説明すると、陰キャとは「陰キャラ」の略称で、俗に暗い人を指します。重度のオタクの方や人見知りで目立たない人に対して使うことが多いです。 それに対して陽キャは「陽キャラ」の略であり、学校でも目立つような人の事を言います。...

【書くのはNG】超効率的な英単語の覚え方!このポイントをつかめば1週間に100個はらくらく覚えられます。

【書くのはNG】超効率的な英単語の覚え方!このポイントをつかめば1週間に100個はらくらく覚えられます。

学校の授業で多くの生徒が苦手とする教科英語。 そんな英語の苦手意識を植え付けている要素の1つが英単語の暗記です。 まず、1つ目にめんどくさい。 2つ目にすぐに忘れてしまう。 結果モチベーションが上がらない。 このサイクルが影響して英単語の暗記を苦手としている人がとても多いのです。 しかも、社会の単語や国語の感じとは違い、日本語ではない言語を覚えるというのがストレスを増大させる原因にもなっています。 しかし、今や英語は現代の日本で一番重視されている教科の一つ。避けては通れません。...

鼻毛が伸びるの早いので早急に対策しなければならないと思いました。

鼻毛が伸びるの早いので早急に対策しなければならないと思いました。

どうも。タキシードマンです。 私ただ今現役大学生、短い人生のなかで悩むことがたくさんありました。 友人関係、恋愛などなど... 数えればきりがありません。 しかし私が現在、もっとも悩んでいることがあります。 それが... 鼻毛の伸びるスピードが尋常じゃない。 ... しょーもなって思ったでしょう!!!!!!!!!!!違うんですよ!!本当に深刻な問題なんです個人としては!! 今そこで笑った君!!実は同じ悩みを抱えてるんじゃないの!!...

【英語】リスニングに最適なおすすめPodcastトップ5!飽きずに聴けるものを厳選しました。

【英語】リスニングに最適なおすすめPodcastトップ5!飽きずに聴けるものを厳選しました。

どうも。タキシードマンです。 みなさんは英語のリスニングを鍛えたいときにどんな方法をとっていますか? もし、そんな質問をされたら、私はいつでもPodcastを強くオススメしています。 【初心者~上級者】日常で英語のリスニングを鍛える方法5選!という前の記事でも紹介しましたが、このPodcastは無料で、かつIphoneさえあれば誰でもすぐに聴けるという日常で英語を鍛えるにはうってつけの方法です。 → http://daigakuseino.com/265 (【初心者~上級者】日常で英語のリスニングを鍛える方法5選!) しかし、...

【厳選】心がジーンとして泣ける人気おすすめ洋楽トップ10!~自然と涙が零れてきます~

【厳選】心がジーンとして泣ける人気おすすめ洋楽トップ10!~自然と涙が零れてきます~

あなたはどんな時に音楽を聴きますか。 楽しい時、つらい時、悲しい時、嬉しい時... 様々な感情があなたの中に生まれた時、あなたは自然と音楽が聴きたくなります。 特に、つらいや悲しい体験、出来事があった時に、ふとイヤホンを耳につけて感傷に浸りたくなる時が人間だれしも人生で一度はあるでしょう。 そんな時には、人間は元気に励ます曲よりも、心をそっと支えて感動できる曲が聴きたくなるのです。 今回はそんなときに聴きたくなる洋楽をランキング形式で紹介したいと思います。 あなたのつらい気持ちをそっと和らげてくれることでしょう。...

海外進学に向いている性格とは?暗くても…(現役大学生のそうだ、アメリカ大学に進学しようEp3)

海外進学に向いている性格とは?暗くても…(現役大学生のそうだ、アメリカ大学に進学しようEp3)

どうも。タキシードマンです。久しぶりの「アメリカ大学に進学しよう」のコーナーです。これからもっと更新していってシリーズ化できればと考えています。 今回は何をみなさんと共有しようか非常に迷ったのですが、結局迷ったあげく「海外進学に向く性格」について書くことにしました。 やはり日本人が海外進学にあまり興味を示さない理由の1つに、もちろん英語やお金の問題もありますが、決定的に性格が違うと勝手に思い込んで消極的になっている人は確実に一定数入ると思うんですよ。...

海外大学のウェブサイトは読みにくさが異常(現役大学生のそうだ、アメリカ大学に進学しようEp2)

海外大学のウェブサイトは読みにくさが異常(現役大学生のそうだ、アメリカ大学に進学しようEp2)

どうも。タキシードマンです。海外進学を志す人にとって、情報収集はその現実味を帯びさせるために大切なことです。そしてその大学が作るウェブサイトが一番身近なソースになります。しかし、英語に慣れていない日本人にとってウェブサイトの確認は大変な労力です。今回はその大まかな見方について説明していきたいと思います。 1 出願要項を確認する...

アメリカの大学と学部はこうして決める!!(現役大学生のそうだ、アメリカ大学に進学しようEp1)

アメリカの大学と学部はこうして決める!!(現役大学生のそうだ、アメリカ大学に進学しようEp1)

どうも。タキシードマンです。前回の記事では、海外進学は無謀ではない!という話をしました。次は大学や学部はどうやって決めればいいの?という話に移りたいと思います。これには様々なアプローチがあり、大学のレベルはもちろん、学費、環境、学科の有無、雰囲気などが挙げられます。それぞれ深く掘り下げてみましょう。 1 学科で決める...

現役大学生のそうだ、アメリカ大学に進学しよう。Ep0

現役大学生のそうだ、アメリカ大学に進学しよう。Ep0

どうも。タキシードマンです。突然ですが、みなさんは海外の大学に進学したいと考えたことはありませんか。私は今年高校を卒業するのですが、実は、進学先がアメリカに決定しております。まあ、その経緯を話すとかなり長くなるのですが、海外に進学するために私は他の高校生とだいぶ違うプロセスをたどりました。もし、読者のなかに少しでもアメリカ進学に興味のある方は、今から共有する私の高校生活をぜひ参考にしていただきたいと思います。 1 アメリカ大学に進学するということ...