童貞のプライドというものを教えてやる(女性に距離をおいてしまう性格)

執筆者 | 2月 24, 2020 | 性格 | コメント0件

どうも。タキシードマンです。

我が国日本にはこんな名言を発した人物がいます。

「童貞も守れない人に何が守れるんですか。」

これは世界一助平な国このニッポンにおける若者たちのユーモアの高さとそのユーモアさを使って自身の弱みを覆い隠そうとする頑固なプライドを同時に垣間見ることができます。

この名言を象徴するかのように、現代の若者たちのチェリーボーイ率は増加の一途をたどるばかりです。

今の大人たちは、昔ほど男の女に対するグイグイさはなくなったといいます。

そんな深刻なチェリーボーイの現状ですが、なぜこんなことが起こっているのか、それをこの記事で解説行きます。

というよりかは、女性と上手くコミュニケーションがとれない男性の性格と心理について個人の完全な偏見から話していこうというのがこの記事のコンセプトになります。

無論、この私もバリバリのチェリーボーイです。(大学生なので、まだまだセーフのラインだと認識していますが。)つまり、完全にチェリーボーイ視点で話を展開していきます。

悩みを解決するというよりは、悩みに共感してもらえる、新感覚のブログを目指していきます。

この記事を書こうと思ったきっかけ

私がこの記事を書こうと思ったきっかけは、本屋をぶらぶら歩いていた時に私の目に飛び込んできた1冊の本から始まりました。

それがコチラ。

川瀬智弘さんの童貞の勝算という本です。

これに目が行ってしまった私はおそらく無意識のうちに自分の中にあるコンプレックスを発動させてしまっていたのだと思います。

デカデカと書かれた童貞という文字。その文字にひかれ、私は何か数奇な運命のようなものを感じました。

そして少し恥ずかしい気もしましたが思いきって購入。

家に帰って読んでみましたが、中身はその本のタイトルのインパクトとは裏腹に、すごく的確な人とのコミュニケーション術が例と自身の体験談を用いて説得力のある形で書かれています。

ネタ系の本かと思っていましたが、自分のコンプレックスへの克服を後押ししてくれる、いい意味で予想外に内容がつまった啓発本でした。

自分に自信のない人に特におすすめできる1冊です。一度読んでみてください。

それでは本編。

童貞のプライド① 女性と目を合わせられない

女性が得意ではない男性が女性と話すときは、目を合わせることを非常に苦手とします。

これは完全な私のパターンですが、自分が女性と目を合わせることができないのは、その話を早く終わらせたいという心理の表れだと自己分析の結果、考えています。

女性と話すとき、どうしても「何を話したらいいのだろうか」とか、「うまい返しをしないといけない」とかいう風に考えてしまい、すこぶる緊張してしまうのです。

特に、話している女性の顔を見ると、とてつもなく気恥ずかしくなってしまうのです。

つまり目を合わせないことによって緊張感を緩和することができるのです。

そのほかの原因として、自分の顔にコンプレックスがあるからというのもあると思います。

「自分の顔は相手にどう映っているのだろうか」

「自分の顔に自信がない」

「自分の作る表情が大嫌い」

「ニキビとか鼻毛がでてたらどうしよう」

こういう風に自分の顔の評価を主観的に下げてしまい、無意識のうちに相手の方に顔を向けられなくなっている=目を合わせられないという心理が働いているというパターンです。

また、恋愛は顔がすべてであると考えこんでいることもあるのです。

こうなってくると、女性と話す機会があったとしても、その会話が長く続かず、結果的に自分自身の恋愛の機会をみすみす逃してしまっているのです。

これが童貞の心理の1つなのです。

童貞のプライド② 何を話したらいいか分からない

ずっと童貞な人の特徴の一つに、自ら話しかけることができないというのがあります。

自分から話すことができないため、女性と接する機会を逃しているというのは全ての童貞が自負していることでしょう。

ならば、何故話すことができないのか。

それは何を話せばいいのか分からないからです。

もともと、男性と女性では興味を引くもの、好きなこと、価値観全てが異なります。

ただでさえ人見知りであるのに、全てが異なる女性に話しかけようという心理は童貞にはありません。

それで無理に話しかけるというリスクをとるならば、話しかけないという安全策に転がっていくのです。

(私を含め)童貞のみなさんは、女性に対して全く免疫がないため、非常に、非常に慎重派で、勝ち目のない勝負には一切出ようとしません。

会話においても、話の展開的に自分が続けられそうにないもの、そして自分のユーモアをぶつけられそうでないトピックはその会話の終わりを想定して、あえてその話をしないという判断をくだしてしまうのです。

それがだらだらと続いて今に至るのです。

童貞のプライド③ 自身の性を発散できるものが存在する

これは現代になって問題視されていることの1つです。

ネットというものが発展し、欲しい情報がパソコンやiphoneなどの媒体を使えばいつでもどこでも何度でも視聴することができるようになった現在、昔では手に入りづらかったアダルトチックな情報、物も容易に手に入れることができるようになりました。

日ごろから悶々としている男性諸君には非常に朗報である一方、それに満足してしまい、普通に現実で会うことができる女性に対する積極性がより一層薄れてしまったのです。

こういっていしまうと女性の方を失望させてしまうかもしれませんが、男性の女性にいこうという積極性の原動力の1つは間違いなく性欲です。

つまりそれがその性欲が満足してしまっているということは、例えるならば、エンジンのつんでいない列車を動かそうとするようなもんです。

しかもその列車も女性というゴールに向かっては錆びついています。

がんじがらめです。これでどうやって童貞を抜け出すというのでしょう。

私の青春キップはいつ切られるのでしょうか。

童貞のプライド④ 理想的な卒業を夢見ている

我々チェリーボーイはいつでも真実の愛を求めています。

童貞というものをさも自分の財産のように持っているのです。

しかも、アニメや漫画などを見すぎて、恋愛というものに対してすごくきれいなイメージを抱いているのです。

恋愛にというものに対して経験というものがほとんどないため、いつまでたっても少年のような夢を恋愛に対して持っています。

想像で自分の恋愛というものをくみ上げていくしかないですから、気が付けば自分の女性に対するハードルがどんどんどんどん上がっていくのです。

女性はよくロマンチックな場面を想定してるといいますが、チェリーボーイは彼女たちよりもロマンチストで、激烈にピュアなのです。

中には自分が傷つかず、自分の理想で作り上げることができる二次元に逃げてしまう人もいます。

別にその人たちを否定しているのではないですが、そういう友人などを普段から見ていると、こいつらは今後どうしていくのだろうと思ってしまいます。

まあ、それは自分に対しても言えることなのですが。

童貞のプライド⑤ いつかチャンスがあると思っている

私たちチェリーボーイはこんなに恋の機会を自ら手放しにしているのにもかかわらず、いつかは、誰かが来ると思っています。

2年後か、3年後か分からない、でもいつかは真実の愛が見つかるんだ、そう信じてやまないのです。

「きっと僕のことを分かってくれる人がいる」

「人生は長いんだ」

そう努力もしないでつぶやいているのです

しかし、時がたつにつれてその自分にかかっている魔法も解けていき、事実と向き合わなくてはいけない時が来るでしょう。

次々と結婚していく仲間。置いてけぼりにされる私。

それまでが私たちのタイムリミット。チェリーも日がたてば腐っていきます。

こんなこと書いていると自分自身がつらくなってきました。こんなにも自分の弱点や心理がわかっているのにも関わらず結局恋愛に対して臆病になっている、そう、我々チェリーに必要なもの、それはなんだかんだ言って

勇気

なのかもしれません。

あなたの童貞話、聞かせてください

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

もしあなたがこの記事に共感していれば、ぜひともこの記事を拡散していただきたいと思います!

そして、あなたの持っている童貞に関する話、何でも構いません、あるある、卒業した話、恥ずかしかった話、ぼやき、理想の恋愛などなどを

#童貞論

というハッシュタグをつけて教えてほしいと思います!

もし、これで反響があれば、以降の記事で発表し、私のブログを童貞のコミュニティとしてさらなる発展を狙っていきたいのです。

みなさま、ぜひとも、よろしくお願いします!!!

それでは。また次回。

カテゴリーを選択

フォローもよろしくお願いします♪

タキシードマン

タキシードマン

アメリカに留学中の現役大学生。

「共感と興味」をモットーに同志(学生たち)に有益な情報を提供している

コンテンツ内容は主に勉強(英語)や海外についてなど。

陽キャ>陰キャという固定概念はもう終わりにしてほしい。

陽キャ>陰キャという固定概念はもう終わりにしてほしい。

「陰キャと陽キャ」 この2つの言葉は現代の学生が使いだしたその人の性格を指す言葉です。 今を生きる20代や10代の方ならだれでも知っている言葉であり、学生時代誰でも一度は自分がどちらに該当するのか考えたことがあるのではないでしょうか。 知らない人のために説明すると、陰キャとは「陰キャラ」の略称で、俗に暗い人を指します。重度のオタクの方や人見知りで目立たない人に対して使うことが多いです。 それに対して陽キャは「陽キャラ」の略であり、学校でも目立つような人の事を言います。...

【書くのはNG】超効率的な英単語の覚え方!このポイントをつかめば1週間に100個はらくらく覚えられます。

【書くのはNG】超効率的な英単語の覚え方!このポイントをつかめば1週間に100個はらくらく覚えられます。

学校の授業で多くの生徒が苦手とする教科英語。 そんな英語の苦手意識を植え付けている要素の1つが英単語の暗記です。 まず、1つ目にめんどくさい。 2つ目にすぐに忘れてしまう。 結果モチベーションが上がらない。 このサイクルが影響して英単語の暗記を苦手としている人がとても多いのです。 しかも、社会の単語や国語の感じとは違い、日本語ではない言語を覚えるというのがストレスを増大させる原因にもなっています。 しかし、今や英語は現代の日本で一番重視されている教科の一つ。避けては通れません。...

鼻毛が伸びるの早いので早急に対策しなければならないと思いました。

鼻毛が伸びるの早いので早急に対策しなければならないと思いました。

どうも。タキシードマンです。 私ただ今現役大学生、短い人生のなかで悩むことがたくさんありました。 友人関係、恋愛などなど... 数えればきりがありません。 しかし私が現在、もっとも悩んでいることがあります。 それが... 鼻毛の伸びるスピードが尋常じゃない。 ... しょーもなって思ったでしょう!!!!!!!!!!!違うんですよ!!本当に深刻な問題なんです個人としては!! 今そこで笑った君!!実は同じ悩みを抱えてるんじゃないの!!...

【英語】リスニングに最適なおすすめPodcastトップ5!飽きずに聴けるものを厳選しました。

【英語】リスニングに最適なおすすめPodcastトップ5!飽きずに聴けるものを厳選しました。

どうも。タキシードマンです。 みなさんは英語のリスニングを鍛えたいときにどんな方法をとっていますか? もし、そんな質問をされたら、私はいつでもPodcastを強くオススメしています。 【初心者~上級者】日常で英語のリスニングを鍛える方法5選!という前の記事でも紹介しましたが、このPodcastは無料で、かつIphoneさえあれば誰でもすぐに聴けるという日常で英語を鍛えるにはうってつけの方法です。 → http://daigakuseino.com/265 (【初心者~上級者】日常で英語のリスニングを鍛える方法5選!) しかし、...

【厳選】心がジーンとして泣ける人気おすすめ洋楽トップ10!~自然と涙が零れてきます~

【厳選】心がジーンとして泣ける人気おすすめ洋楽トップ10!~自然と涙が零れてきます~

あなたはどんな時に音楽を聴きますか。 楽しい時、つらい時、悲しい時、嬉しい時... 様々な感情があなたの中に生まれた時、あなたは自然と音楽が聴きたくなります。 特に、つらいや悲しい体験、出来事があった時に、ふとイヤホンを耳につけて感傷に浸りたくなる時が人間だれしも人生で一度はあるでしょう。 そんな時には、人間は元気に励ます曲よりも、心をそっと支えて感動できる曲が聴きたくなるのです。 今回はそんなときに聴きたくなる洋楽をランキング形式で紹介したいと思います。 あなたのつらい気持ちをそっと和らげてくれることでしょう。...

関連記事はこちら♪

陽キャ>陰キャという固定概念はもう終わりにしてほしい。

陽キャ>陰キャという固定概念はもう終わりにしてほしい。

「陰キャと陽キャ」 この2つの言葉は現代の学生が使いだしたその人の性格を指す言葉です。 今を生きる20代や10代の方ならだれでも知っている言葉であり、学生時代誰でも一度は自分がどちらに該当するのか考えたことがあるのではないでしょうか。 知らない人のために説明すると、陰キャとは「陰キャラ」の略称で、俗に暗い人を指します。重度のオタクの方や人見知りで目立たない人に対して使うことが多いです。 それに対して陽キャは「陽キャラ」の略であり、学校でも目立つような人の事を言います。...

集中力が散漫でまじめなのに先生に怒られていた私の学生時代の話。

集中力が散漫でまじめなのに先生に怒られていた私の学生時代の話。

どうも。現在絶賛大学ライフを送っているタキシードマンです。 今日は私の小学生から高校生の話を少ししたいと思います。 学生時代(私は今も学生ですが、)たくさん悩みというものが存在します。 友人関係、恋愛、勉強、運動...などなど、振り返ってみると、私たちが学生時代に解決してきた悩みというものは多くあります。 私がそれらの悩みの中で、一番大きかったもの、それは自分の集中力、および注意力が散漫だったということです。...

二次元の彼女とか言ってる私の友達に物申したい。(現実逃避したい男たちへ)

二次元の彼女とか言ってる私の友達に物申したい。(現実逃避したい男たちへ)

どうも。タキシードマンです。 私は中学生、高校生の時、数は少ないですが友達がいました。 何故か、私の周りには個性的な友達がよく集まり、その中にはいわゆる重度のオタクと呼ばれる人たちも含まれます。 いや、むしろそういう人たちが半分以上を占めていたかもしれません。 私は特別アニメやゲームをする人間ではなく(昔のアニメやゲームは大好きですが)俗にいうラノベと呼べれるものも全くと言っていいほど読みません。 しかし、やはり友達付き合い上、そういうラノベやアニメの話を完全な素人の立場からすることがよくありました。...

hspで仕事がつらい…そんなあなたに捧げる処方箋

hspで仕事がつらい…そんなあなたに捧げる処方箋

どうも。タキシードマンです。今回は人間の性格について知る第2弾です。 今日のテーマはhsp。自分のことを繊細だと思っていたり、自分のことが嫌いな人が1番に巡り合うのがこのhspです。 学校や仕事場においてこれを持っていると、物理的ではなく、精神的に自分への負担が大きくなります。 ただ、これに対する理解者が見つからず、ついネットでこれらの情報を探してしまいがちです。...

スキゾイドという生き方。この記事に興味を持った、そんなあなたはスキゾイド…

スキゾイドという生き方。この記事に興味を持った、そんなあなたはスキゾイド…

どうもタキシードマンです。雑記ブログらしく新しいジャンルを開拓しようと日々考えています。 そんな私がたどり着いたのは性格というジャンル。社会で生きていくことにおいて、向き合うわけにはいかないものであり、私もそういうことに悩みがちな一青年であります。 そして今回のテーマはそんな性格の中でも、スキゾイドという性格。もしかすると、 性格とひとくくりにしていいかどうかは議論すべきところではありますが、そんな問題についても深く掘り下げていこうと思います。 1 スキゾイドって何?...